矯正歯科

患者様のライフスタイルに合わせた矯正治療を

矯正歯科

– Orthodontic –

子どもの矯正

子どもの矯正

基本的には6歳から適応になります。大人の矯正とは違い、骨格や歯の並ぶスペースの調整(骨のコントロール)を行う事ができます。多くの場合あごの成長と歯のサイズ不調和により歯列不正が(八重歯や乱杭歯)生じます。骨格の成長が終わった成人ではあごの成長をコントロールできないため、歯を並べるスペースを確保するため、健康な歯を便宜的に抜歯することが多くあります。
小児の段階であごの成長をコントロールしながら矯正をおこなうことで、健康な歯を抜歯するリスクが減らすことができます。
また、治療期間も短く、治療費も大人の矯正に比べると安価に行う事が出来ます。

大人の矯正

どんな症例にも適応できる万能な矯正

大人の矯正

矯正治療というとワイヤー使った矯正を頭に浮かんでくると思います。ワイヤー矯正は歯にブラケットと呼ばれる金属や透明なプラスチックを取り付け、ワイヤーを通し少しずつ歯を動かし、理想的な位置に歯へ導きます。今では、歯の裏側にブラケットをつける方法もあり、目立ちにくく、審美的にも優れており、患者様のライフスタイルに合わせることができます。

あなたのライフスタイルに目立たない新しい矯正歯科

インビザライン

インビザライン矯正は

全世界で300万人以上の患者さんの治療に使用されている矯正装置でワイヤーを使用しない透明な”マウスピース”のような矯正です。患者様一人一人の歯に合わせて作製しますので、装着することで段階的に歯を動かし矯正を行います。
いつでも取り外し可能で食事や歯磨きなど日頃の多忙なライフスタイルの方でも支障がありません。また人から見られても目立たないので、気兼ねなく矯正を行えます。

インビザライン矯正はこんな方におすすめ

  • 人に気付かれずに矯正したい方
  • できる限り今までと変わらない生活をしたい方
  • 金属アレルギーに心配の方
  • いつも清潔にしながら矯正したい方
  • 一定の装着時間を守るセルフコントロールができる方

インビザライン矯正の特徴

  • 矯正していいても気付かれにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 痛みが少ない
  • 通院回数が少ない
  • 外して洗浄でき清潔

矯正治療に欠かせないセファロ検査

セファロ

矯正治療では「レントゲン」や「歯の模型」、「歯や顔の写真」など確実なデータの元に治療方針を決めていきます。より詳しい顎の骨の状態や歯並びを形態的に評価ができるのが『セファロ』です。矯正治療前後の比較や経過の把握も可能です。

よくある質問

矯正治療はどんな人が必要ですか。
歯並びが気になっている、噛み合わせが悪くて気になっている人からの要望が多いです。
見た目や、噛み合わせの治療はもちろんですが、気になっていなくても歯並びが悪いと、磨きづらいため虫歯や歯周病の起点となりますので、気になっていない方でも将来のことを考えると矯正は非常に良い治療です。(私も矯正治療を行いましたしスタッフもほとんど全員矯正治療を行なっています)
期間はどのくらいかかるのですか。
程度によりますがほとんどの場合1年半から2年間矯正装置をつけていただきます。
治療終了後も後戻り予防のためマウスピースのようなものを少なくとも矯正器具をつけていた期間使用していただきます。
器具を付けている期間は、食事はどうすればいいですか。
矯正治療に2種類治療方法を行うことができます。
1つは従来のワイヤー矯正(昔は銀の装置でしたが今はほとんど白い器具で行います)がありますがこの場合はそのままお食事していただいて構いません。ただし装置とワイヤーがあるのでしっかり歯磨きをしないとせっかく綺麗にしていても虫歯、歯周病のリスクを高めてしまうので歯みがきが難しいですが、しっかりと指導いたします。(私もこの方法で治療しました)
もう1つは透明なマウスピースで矯正治療を行うことができます。この治療はご自身で装置を着脱することができるのでお食事の際は外してお食事いただけます。(ただし注意事項も多いので気軽に質問してください)
矯正治療中の痛みはありますか。
残念ながら多少あります。骨に埋まっている歯を少しずつ移動させていくので装置を調整すると2〜3日疼くような痛みが生じることが多いです。(がすぐ慣れますのでご安心ください)
鎮痛剤を服用するほどではないですが、心配な方には処方いたします。
大人の矯正治療に年齢制限などありますか。
型取りが必要なので6才くらいまでは難しいかもしれません。一般の矯正であれば基本的には年齢制限はありませんが歯周病(歯槽膿漏)の進行している方は歯が抜けてしまうリスクがあるのでお断りすることはあります。
また6才未満でも型取りをしないマウスピースで歯並びを綺麗にするように誘導する装置もありますのでご相談ください。
歯並びが悪いのは気になっていますが、どのタイミングで始めたらいいですか。
歯並びだけでしたらいつでも可能ですが、口腔内に虫歯や歯周病がある場合はその治療を先行するか並行するか相談が必要になってきます。
また矯正器具は煩わしいと感じつことがあるので(装置を調整すると痛い、歯磨きしにくい等)受験期のお子さんであったり転勤の予定があるような方は期間を調整することがあります。
矯正治療で歯を抜くと聞きました。本当ですか。
歯並びの状態や口元の審美性によっては抜歯を行うことがあります。(私も親知らず4本、その他4本、計8本抜歯しました)もちろん抜く必要がない場合も多くあるのでご相談ください。
Copyright (C) OHNO DENTAL CLINIC All Rights Reserved